mari masuda

画家/造形家

高知県 四万十市 山間部

四万十川へ合流する支流の上流が流れる

美しい山と川に囲まれた小さな集落で、

ねこと暮らしています。

山の暮らしは命のやりとりが盛んです。

野生動物たちの食物連鎖や縄張り争い。

罠にかかった猪や鹿を捌いて焼いて
食べることもあります。

山の暮らしは太陽と共に目覚め、月と共に眠ります。

山は唄い、風は運ぶように季節の移り変わりや、

いきものたちの声をききます。

感じたことを語るように

作品を創りたいと思っています。